FC2ブログ

ヒトトキ学級

人と木 火と時 いろんなひとときの学び舎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

与作ツアーでした!

『与作』を歌うツアーではないですよ。

今シーズン初。

恒例となってきました
月が欠ける時期(新月期)に伐採する『与作(伐採体験)ツアー』に行ってきました。



resize0109.jpg
総勢約50名の参加者。風も無く、天気に恵まれました



resize0106.jpg
しっかりサポートしてもらい、いざ初体験のお客さま



resize0105.jpg
結構しんどいんです。



resize0103.jpg
作業が終わったらお待ちかね。山で参加者の皆さんと昼食。
何度食べても美味しいです。



resize0102.jpg
恒例のしいたけ、焼魚、そして猪鍋!
体が温まります。



resize0101.jpg
こどもたちにも貴重な体験です



『ヒトと自然』の関わり方、共生のバランスが
大きく崩れかけていると言われはじめて久しいですが

自然の大きな治癒力によって補われていた地球が、
今や治癒力そのものを、ヒトが破壊しようとしているのかもしれません。


「だったら木を伐るなよ。」 
と、言う声が聞こえてきそうですが


木を伐らないことが『共生』に直結するわけでもありません。


それでも肉は食べたいし、木の家に住みたい
だからせめて
粗末にしない。大切に使う。
それが『共生』へと繋がっていくのではないか、と考えています。



resize0100.jpg
天竜の新月材がどういうふうに管理されているか
みなさん、興味深々で説明に聞き入っています。



resize0104.jpg
伐採された木々は『葉がらし』と言って、これから山で1ヶ月~半年(樹種による)かけて
水分や養分を減らしていきます。
この工程を行うことで木が腐りにくくなっているのでは?という研究結果もでています。
自然乾燥なので無駄にCO2を排出することはありません。
効率を重視した現在の林業界では、この工程が行われていないところも多いのです。




木に触れてみる

森に触れてみる

自然に触れてみる


まずはそこから家づくり。
はじめてみませんか?



resize0107.jpg
天竜の森



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。